相部屋や共同生活でストレスになることも…自分に合う住居スタイルを選ぼう

寮は共同生活になることが多い

期間工の求人には、寮を用意してくれているところが多いです。その寮は一般的な賃貸とは異なり、家賃が安かったり水道や光熱費の費用がかからないなどのメリットがあります。そして具体的な寮の形式はそれぞれ異なりますが、多いのは個室と共同スペースが一緒になっているスタイルです。トイレやお風呂などは他の従業員の人と一緒に使用しなければなりませんが、最低限のプライベートは確保できます。また人数が多ければ相部屋になることもあるため、他の人と一緒に生活するのがあまり苦にならないことが条件となります。中にはアパートを借り上げるなどで完全な個室が用意される場合もありますが、そんなに多くはないので、求人を探す際の条件にすると選択肢が少なくなってしまいます。

寮が苦痛になりそうなら通える範囲で

住居は身体を休めるところでもあるため、負担に繋がりそうな要素は可能な限り省いた方が良いです。ある程度集中力や緊張感が求められる期間工の仕事を終えた後に、寮での共同生活でストレスを感じるというのでは、休まる暇がありません。そんな毎日を続けていると心や身体を壊して、契約満了に到達する前にリタイヤしてしまうリスクもあります。もし他の人との生活でストレスを感じそうだと思うのなら、多少高い家賃や交通費を支払っても、別のところで賃貸契約をした方が良いです。あくまでも生活の質で選び、無理なく働き続けられることを考えて選びましょう。また完全個室の寮をみつけるために、求人を探す際に範囲を広げるというのもひとつの手です。

期間従業員は、数か月から半年程度の期間にまとまった金額の収入を得られることや、専門的な経験や能力が求められないといった魅力があります。